<< 「抽象への助走」 キャンバスに色彩躍動 | main | 「夫婦」 彩りと響きの二人三脚 >>

「アトリエ」 イメージを形にする場




 光一郎のアトリエに初めて足を踏み入れた日のことは、今でもはっきり覚えている。「どんな場所で制作しているのか、どうしても見たいんです。入れてもらえませんか」とお願いすると、「いいですよ。どうぞ」と、快く2階の部屋へと案内してくれたのだった。
 板張りの20畳間で、南側に広く切った窓。壁には大きなキャンバスが何枚か立てかけられており、彩 色された和紙があちこちに散乱していた。自慢のグッドマン(イギリス製)のスピーカーからはクラシックの旋律が流れ、部屋全体に光が満ちあふれている。その空間はまさに、「若松光一郎の世界」といえた。
 紀志子は光一郎のことを冗談ぽく「2階の先生」とか「2階の仙人」と呼ぶことがあった。アトリエに入り込んだら最後、なかなか出てこない。しかも聴こえるのはクラシック音楽だけ。お互い干渉しないたちだが、長年一緒に生活しているうちに、室内の様子がわかるようになった。
 バッハやブルックナーなどの曲が、うるさ過ぎるようなボリュームで聴こえてくるときは制作がうまくはかどっており、音が弱く祈るような曲になったときには、椅子にもたれて休んでいる…。そして、昨年の春ごろから、うるさ過ぎた音がだんだん聴こえてこなくなったことに、自分がもっと神経質になっていれば―と、今さらながらに悔やむのだった。
 「アトリエは制作するだけの場ではない。表面的にはボーッとしているように見えても、頭の中ではさまざまなイメージが浮かんだり消えたりしているんですよ」。光一郎がそう言うように、作品が具象から抽象に傾くにつれて、その空間は漠然としたイメージを色や形に置き換えるうえで、かけがえのないものになった。それと並行するように、風化を忠実に描くことからスタートした抽象表現は、自らの精神宇宙へと深化し、手法も油絵から和紙を使ったコラージュ(張りつけ)へと変貌していく。
 光一郎は自らについて「描いているうちは夢中になって突っ走れるが、でき上がってしまうと、その作品にそれほど関心がなくなってしまう面 がある」と書いている。確かに、常に新しい表現を求め続けてきた彼にとって、過去の作品に浸る余裕はなかった。一つの様式が完成すれば、すべてをきれいきっぱりと洗い流し、未知の世界へと舟をこぎ出し続けた。だからこそ、その絵には、手あかにまみれていない、潔い輝きのようなものがあった。

| 鳥の歌の響き | 22:04 | comments(0) | - |
Comment










09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--